ハイレバレッジで気をつけないといけない事

sdfhu83 海外FXとは海外で運営されているFX会社に口座を開設しFX外国為替証拠金取引を行うことを言います。国内FXは国内で運営されているFX会社という違いがあります。国内FX会社には国内系と外資系と大まかに分けて2種類ありますが、どちらも日本の金融庁に登録しています。

海外FX会社は日本の金融庁に特に登録しているわけじゃないです。海外では無登録でも営業することが可能ですが、無登録の海外FX会社には出金拒否と言ったトラブルが起きる可能性があります。その国の金融監督機関にきちんと登録している海外FX会社を選ばれた方が良いです。国内FX会社では日本の金融庁によりレバレッジ規制で個人口座は最大25倍までのレバレッジと制限されています。

どうしてこのような規制がかけられたかと言うと、ハイレバレッジのかけ過ぎで大きな損失を抱えてしまう個人投資家が増えてしまったからです。ギャンブル性が強くなったので、個人投資家を保護する観点から規制がかけられました。外資系の国内FX会社でも日本の金融庁に登録しているわけですからこのレバレッジ規制の対象です。

しかし日本の金融庁に登録していない海外FX会社はレバレッジ規制に縛られることなく、ハイレバレッジを提供することが可能です。888倍や1000倍のハイレバレッジを提供している海外FX会社もあります。これだけのハイレバレッジをかけられると取引が上手くいったときは大きなリターンが期待できますが、取引が失敗に終わったときは大きな損失が発生してしまいます。国内FX会社でロスカットレベルを下回ると強制的に保有しているポジションがロスカットされます。証拠金以上の損失は出ないはずなのですが、相場の変動が激しすぎたり週明けの早朝に大きく窓を開けて取引が開始されたときが問題です。

ロスカットが間に合わずに証拠金以上の損失が発生することがあります。しかし海外FX会社には国内FX会社には無いゼロカットシステムがあります。このシステムならどんな状況でも証拠金がゼロとしてロスカットされます。

例えレバレッジ1000倍をかけていても、証拠金以上の損失が発生しない仕組みになっています。レバレッジを多用するトレーダーの方は国内FX会社よりも海外FX会社のほうが相性が良いです。海外FX会社は日本語対応日本語サポートありのところが多い、約定力が高いところが多くスリッページがあまり発生しない、口座開設ボーナスや初回入金ボーナスなどお得なボーナスがある、メタトレーダー対応のところが多いなどいろいろなメリットがあります。